TOPページ
高知市の売買物件を探す
高知市の賃貸物件を探す
高知県内外のオーナー様へ
売買無料会員登録
スタッフ紹介
グローバル住宅会社概要
←Prev Next→
2017/10
1  2  3  4  5  6  7  
8  9  10  11  12  13  14  
15  16  17  18  19  20  21  
22  23  24  25  26  27  28  
29  30  31  
  • 宮地(2)
  • 那須(3)
  • 那須野(21)
  • 川田(28)
  • 中谷(19)
  • 矢野(20)
  • つのだ☆(57)
  • 西岡(70)
  • 長谷川(87)
  • 松村(96)
  • 川村(2)
  • 村上(160)
  • お客様の声(0)
  • ブログ(779)
  • 休日(21)
  • 仕事や不動産の話(19)
  • ランチやディナー(13)
  • 旅行(17)
  • 懇親会(3)
  • 豆知識(24)
  • 賃貸オススメ物件 
  • 今さらですが・・・IHの魅力...
  • 最近お天気が良くないですね...
  • おやじのひとり言
  • 味覚の秋
  • 電気自動車は世界を変える!...
  • 体育祭㊫
  • 南向きは良い物件?
  • おやじのひとり言
  • オープンハウス開催 
  • 2014年01月(1)
  • 2014年02月(10)
  • 2014年03月(12)
  • 2014年04月(14)
  • 2014年05月(10)
  • 2014年06月(9)
  • 2014年07月(9)
  • 2014年08月(13)
  • 2014年09月(15)
  • 2014年10月(15)
  • 2014年11月(20)
  • 2014年12月(17)
  • 2015年01月(20)
  • 2015年02月(22)
  • 2015年03月(23)
  • 2015年04月(15)
  • 2015年05月(13)
  • 2015年06月(14)
  • 2015年07月(22)
  • 2015年08月(17)
  • 2015年09月(10)
  • 2015年10月(11)
  • 2015年11月(28)
  • 2015年12月(23)
  • 2016年01月(23)
  • 2016年02月(25)
  • 2016年03月(27)
  • 2016年04月(28)
  • 2016年05月(23)
  • 2016年06月(24)
  • 2016年07月(31)
  • 2016年08月(24)
  • 2016年09月(29)
  • 2016年10月(28)
  • 2016年11月(26)
  • 2016年12月(20)
  • 2017年01月(20)
  • 2017年02月(18)
  • 2017年03月(21)
  • 2017年04月(25)
  • 2017年05月(20)
  • 2017年06月(23)
  • 2017年07月(26)
  • 2017年08月(18)
  • 2017年09月(20)
  • 2017年10月(14)
  • 電気自動車は世界を変える!?

    売買の村上です。

     

    第48回衆議院選挙(衆院選)が公示されました。

    今回から20歳以下の18歳以上に選挙権が与えられまし

    た。

    選挙権が広がると票の動きが変わる事も可能性があります。

    少子高齢化の流れです。慎重に見極めて候補者の選択をしま

    しょう。


     

    他に変ることは他に何があるか? というと、

    世界的な動きとしては、北朝鮮緊張問題もありますが

    世界の自動車がEV自動車シフトへの拡大・加速化でしょ

    うか

    トヨタ自動車は国内の需要減退を理由に国内販売車種を半減す

    る計画を打ち出しました。本田も一部工場を閉鎖して中国工場

    を増設する計画です。中国市場へのシフトでしょうか。世界市

    場から日本はガラパゴス化されると見られている背景があるの

    でしょうか?


      

    環境の観点から今後強化される可能性のある規制の一つ

     排ガスゼロ車(ZEV)規制

    自動車メーカーに窒素酸化物(NOx)や粒子状物質などが

    ほとんど出ない車を売るよう促す規制。

    カリフォルニア州が1998年に導入し、ニューヨーク州など

    他の9州にも広がった。電気自動車(EV)や燃料電池

    車、ラグインハイブリッド車(PHV)などをZEVと

    認定し、メーカーごとに販台数の一定割合をZVとす

    るよう義務付けた。

    達成きない場合、義を上回って売し競合他社から 

    「クレジット」を購入しなければならない。 

    2017年秋以降に発売する「18年モデル」からは認定

    基準が厳しくなり、通常のハイブリッド車は認められなく

    なる。またカリフォルニア州をく9州では、エコカー販

    売の半分近くを占めるカリフォルニアでのZEV販売台

    数を加算できるという現在の特例が廃止される。各社は

    EVの販売を短期間で伸ばす必要が出てくる。

     

    自動車の最大のマーケットは、米国と中国。

    1位 中国 28,028,175台

    2位 米国 17,865,773台

    3位 日本  4,970,260台

     

    「ハイブリッドではもう遅い?電気自動車で出遅れた日本」

     
    トヨタ自動車などの日本の自動車メーカーは過去15年

    間、電気モーターとガソリンエンジンの両方で走行でき

    るハイブリッド車で世界市場を席巻し、「環境対策車」

    で欧米メーカーの追随を許さなかった。

    しかし、最近欧米や中国では、ハイブリッド車では二酸化

    炭素の排出量削減に限界があるとして、電気自動車(E

    V)を環境対策車の柱に据える動きが加速している。こう

    した界の 趨勢 すうせい を受けて「日本のメーカーはE

    Vの開発を急がないと出遅れる恐れがある」と経済ジャー

    ナリストの中西享氏は警鐘を鳴らす。


    世界最先端の環境規制を進める米カリフォルニア州では、

    2017年から排ガスゼロ車(ZEV)規制を強化。18

    から同州で自動車を一定の台数販売しているメーカー

    は、EVなどZEV車を一定比率で販売することを義務付

    けらる。

    達成できない場合は罰金を払わなければならなくなる。

    日本のメーカーでは、トヨタ、日産自動車、ホンダの3社

    カリフォルニア州の規制の対象になるとみられ、トヨタ

    などにとってもZEV対策は最優先課題といえる。

    一方、マツダやスバルなどは販売台数が少ないため、猶予

    期間がある。

    カリフォルニアでZEV規制が実施されると、数年後には

    米に広がるとみられる。

     

    電気自動車(EV)は次世代のエネルギー構造を変える?!

    経済産業省 製造産業局 自動車課 電池・次世代技術・

    ITS推進室資源エネルギー庁 長官官房 総務課 戦略企画室

     

    日本の自動車メーカーはEV化「出遅れ組」と見なされている

    2017.9.19 ダイヤモンドオンライン

     

     

     

    ブログ 村上 2017.10.14

    ページ : 01   02   03   04   05   06   07   08   09   10   11     >> 次へ