TOPページ
高知市の売買物件を探す
高知市の賃貸物件を探す
高知県内外のオーナー様へ
売買無料会員登録
スタッフ紹介
グローバル住宅会社概要
←Prev Next→
2017/09
1  2  
3  4  5  6  7  8  9  
10  11  12  13  14  15  16  
17  18  19  20  21  22  23  
24  25  26  27  28  29  30  
  • 宮地(2)
  • 那須(3)
  • 那須野(20)
  • 川田(26)
  • 中谷(17)
  • 矢野(20)
  • つのだ☆(54)
  • 西岡(68)
  • 長谷川(84)
  • 松村(93)
  • 川村(2)
  • 村上(157)
  • お客様の声(0)
  • ブログ(760)
  • 休日(21)
  • 仕事や不動産の話(19)
  • ランチやディナー(13)
  • 旅行(17)
  • 懇親会(3)
  • 豆知識(24)
  • 36才になって
  • 賃貸 ロフト付物件
  • 今日はお彼岸の入り
  • 梨をいただきました!
  • おやじのひとり言
  • ゑびす昭和横丁
  • 健康診断とダイエット
  • きんこん土佐日記
  • 『眉毛』あたりが痛い(*_*;
  • 健康診断2
  • 2014年01月(1)
  • 2014年02月(10)
  • 2014年03月(12)
  • 2014年04月(14)
  • 2014年05月(10)
  • 2014年06月(9)
  • 2014年07月(9)
  • 2014年08月(13)
  • 2014年09月(15)
  • 2014年10月(15)
  • 2014年11月(20)
  • 2014年12月(17)
  • 2015年01月(20)
  • 2015年02月(22)
  • 2015年03月(23)
  • 2015年04月(15)
  • 2015年05月(13)
  • 2015年06月(14)
  • 2015年07月(22)
  • 2015年08月(17)
  • 2015年09月(10)
  • 2015年10月(11)
  • 2015年11月(28)
  • 2015年12月(23)
  • 2016年01月(23)
  • 2016年02月(25)
  • 2016年03月(27)
  • 2016年04月(28)
  • 2016年05月(23)
  • 2016年06月(24)
  • 2016年07月(31)
  • 2016年08月(24)
  • 2016年09月(29)
  • 2016年10月(28)
  • 2016年11月(26)
  • 2016年12月(20)
  • 2017年01月(20)
  • 2017年02月(18)
  • 2017年03月(21)
  • 2017年04月(25)
  • 2017年05月(20)
  • 2017年06月(23)
  • 2017年07月(26)
  • 2017年08月(18)
  • 2017年09月(15)
  • 住宅ローン金利の今後?

    売買の村上です。

     

    北朝鮮ICBM(核・ミサイル問題)のせいでしょうか?

    1日の東京債券市場で長期金利が9ヶ月ぶりにマイナスとなりました。

    有事に備え投資家のリスク回避の姿勢が高まり、安全な資産の国債を買う動きが高まっている様子です。

     

    以下、宮田レイシープ氏の記事引用

    「経済初学者が3分で分かる長期金利のマイナス突入とその意味について」

     

    長期金利とは、10年物国債の平均利回りのことです。

    国債というのは、国の借金ですね。つまり、国債を買うということは、国にお金を貸し出しているわけです。

     

    例えば、年利1%の国債を100万円買うとします。

    10年物なので、10年後には110万円になって返って来ます(正確には、毎年利払いがあります)。

    この年利1%というのが、長期金利です。

     

    長期金利がマイナスになるとどうなるのでしょう。

     

    それでは、上記の国債を120万円で買ったとしたら、どうなるでしょう。10年後に110万円になって返ってくる国債を120万円で買いました。

    年利はマイナス1%弱です。この状態が、長期金利がマイナスになっている状態です。

     

    多くの金融機関では、国債の長期金利を住宅ローンの指標としています。

    したがって、住宅ローンが下がる可能性があります。

     

    すでに、日銀のマイナス金利導入で、住宅ローンの金利引下げは広がっているようです。

     

    企業向けの融資における金利も下がって、投資や消費の意欲喚起も可能性としては考えられます。

     

     悪い影響としては、我々の預けているお金の預金金利が下がる可能性があります。

     

    それから、国債を買って運用している金融機関や保険会社の業績が悪くなります。

    年金運用会社のパフォーマンスも悪くなりますね。

     

    ただ、現実的には金利が0.005%と低すぎて、1億円で10年国債を買っても5000円の利ですので、庶民的感覚で言うとあまり関係ない話かもですね。

     

     

     

     

    ブログ 村上 2017.09.01